東京と神奈川の三浦半島を結ぶ大手私鉄・京浜急行と北斗の拳がコラボしたそうです。

©京急

元の駅名、わかりづらッ!

上大岡はちょっと厳しくない?。

「県立大学」駅って、すなわち「神奈川県立大学」のことですが、県大ってたしか看護師さんの大学じゃなかったっけ?看護師を養成する大学に「おまえはもう死んでいる!」って縁起悪くない?

©神奈川県立保健福祉大学(←初めて正式名称を知った(ーー;))

しかし、これはこれで話題をよんで沿線の活性化につながればいいですよね。元横浜市民として、京急にはぜひがんばっていただきたいです。

京急蒲田、上大岡、県立大学の駅名標は実際、9月17日まで画像のとおりだそうなので、ぜひ行ってみてください。

ところで、なぜ、京急と北斗の拳なのか?

よくよく調べてみると、京急が120周年、北斗の拳が35周年だからコラボしたらしいんですが、

いやいや、縁、薄くね?

京急を個人的に応援している身としては、なんとかそれ以上の共通点を調べて見出だしてあげようと、余計なおせっかいをしてあげようと思います。

 

京急と言えば、東京や神奈川あたりではお馴染みの「赤い電車」。品川から羽田空港、川崎、横浜、横須賀、三浦、逗子を結ぶ路線です。個人的に京急と言えば、ドレミファインバータ。

発車するときにモーター(←正確にはインバータ)音がドレミファ~♪(←正確にはファソラシドレミファ~♪らしい)と鳴るから、ドレミファインバータ。

最近はそれを搭載している車両が少ないらしく、むしろ絶滅危惧種らしいですが、ぜひ残していただきたい。

そんな京急にある、個人的に感動した駅が生麦駅です。横浜から京急の品川方面行きの特急や急行に乗ると生麦には停まらないので、高速で通過する車内からしかその様子は見たことがないんですが、その駅の存在を知ったのは高校のときの生麦出身のクラスメイトからでした。

あの、歴史の教科書に必ず出てくる生麦が実在したなんて!!存在を知ったときは感動でした。生麦事件!薩英戦争の原因じゃん!キヤガッタ――――――⊂´⌒∠;゚Д゚)ゝ――――――ッ!!

ちなみに横浜市立生麦中学校の略称は、「生中(なまちゅう)」。

未成年者飲酒禁止法を適用したい!!キヤガッタ――――――⊂´⌒∠;゚Д゚)ゝ――――――ッ!! 

 

北斗の拳は世代的にはきむらより上の世代ですが、武論尊原作・原哲夫作画の漫画です。

著作権の関係で画像は載せられませんが、

「おまえはもう死んでいる・・・・・・」

とか

「あたたたたたたたーーーーーーっ」

とか

「ひでぶっ!!」

みたいな

セリフで有名な漫画です。

あらすじとしては、核戦争で文明や秩序が失われた世界で、北斗神拳という暗殺拳の伝承者である主人公のケンシロウの生きざまを描くという、21世紀に生きる日本人としてはもはやギャグとしか思えないハードボイルド漫画(そういうジャンルがあるかどうかは知らんが)です。

北斗神拳に暗殺拳って・・・・・・幼稚園の戦いごっこが好きな男子が言う、「スーパーウルトラミラクルパーンチ」とレベル、ほぼ変わんないやんけ(笑) という感想はひとまずおいて先へ進みましょう。

 

京急と秩序が失われた世界ねぇ・・・?共通点ねえ・・・??

そーいえば、京急ってやたらぶっ飛ばしますよね。

横浜から川崎まで、JR東海道線や京浜東北線とほぼ並走するわけですが、ほぼ直進で進む東海道線に対し、JRの線路沿いに立ち並ぶ家々を乱暴に避けつつも東海道線を追い越す京急線。

新子安のあたりなんか、京浜東北線にアッパー喰らわす感じで、追い抜いていきますよね(←意味がわからないってひとは、今度の土日、品川から快速特急に乗って進行方向右側の窓から景色を眺めてみよう)。

ある意味、秩序がない京急。キテナ━━━ヽ(‘A`)ノヽ(‘A`)ノヽ(‘A`)ノヽ(‘A`)ノヽ(‘A`)ノ━━━━イ !!!!

 

なんか話しがマニアックな方向に来てしまったので、現場からは以上です。