普段、意識することは少ないですが「自由ってやっぱいいもんだよなー」と、今日思いました。

こんなアホなブログ書くも、自由。

国会の前で抗議活動するのも、自由。

グーグルでなにを検索するも、自由。

つくづく日本人でよかった。

・・・というのもですね、きょう目にしたニュースなんですが、9月から「くまのプーさん」が実写化(←どう実写化されるかも興味はあるが)されるんですが、その映画が中国で公開禁止になったそうです。

 

プーさん、まさか中国共産党のはちみつを盗っちゃったのか!?

ハラハラしながら・・・というかディズニーランドのパクリみたいな施設を作った国がよくもまぁと呆れながら、ニュースの続きを読んでみると、

プーさんがいまの中国の最高指導者・習近平国家主席と似ているから、公開禁止になったそうです。

 

・・・は?”o(-_-;*) ウゥム…

習近平、と書いて「シュウ キンペイ」。1953年6月15日生まれ、今年で65歳を迎える北京出身の政治家のおっさんの顔がすぐに思い浮かばないという方のために、Wikipediaから画像をひろってきました。↓

似てるね!!ちなみに習近平と我らが安倍首相の握手の写真は、「イーヨーとプーさんの握手」と言われているそうです。

ちなみに、日本国の第90代、96代、97代、98代内閣総理大臣にして、1954年9月21日生まれ、今年で64歳を迎える新宿出身・本籍は山口の政治家のおっさんの顔がすぐに思い浮かばないという非国民のために(笑)、Wikipediaから画像をひろってきました。↓

似てるわ!!

しかし、さすがに中国。たかがそれだけの理由でプーさんの実写版の公開を中止するとは。独裁国家の価値観は理解しがたいですね。

独裁国家の最高指導者は、完璧な存在とされます。

バカなことはしない。

間違いは犯さない。

うんこもしない。(←これは嘘です。・・・いや、全部嘘ですが、これだけはとりわけ嘘です)

そんな最高指導者がイギリスの児童小説のキャラクターに似ているなんてされたら、たまったもんじゃないんでしょうね。

 

自由って、人権ではなく特別な権利なんです。この価値観を共有できる国というのは、決して多くはありません。日本人である以上、この自由という権利の重要さをかみしめて生きていきたいですね。