夏ですね。

夏と言えば、甲子園ですね。

←wikipediaより、甲子園球場の外観。たしかいまは蔦がもう少しきれいになっているはず。

よりにもよってこのくそ暑い時期にサディスティックに行われる高校野球。つくづく日本の「気合いでなんとかなる!」的発想は永遠だなと思わされます。

さて、その甲子園、今年、富山県代表は高岡商業、石川県代表は星陵です。きむらはいつも富山と石川を応援しています。まあ、応援と言っても実際の試合をテレビで見ることはなく、そろそろ試合終わったころかな?という頃合いを見計らってネットで結果を確認する程度です。

なので、スコアだけを見て、勝手に試合の状況を想像するだけです。

繰り返しますが、あくまで私の想像であります。

だから、「違う!」とか言って怒らないでくださいね。

高岡商業は昨日の第3回戦、大阪代表の履正社に4-9で負けてしまいました。

←wikipediaより、富山県立高岡商業高校。外観がTHE☆公立

スコア表を見てみると、3回裏、履正社が一気に3点を獲得します。さすが大阪の強豪・履正社。高岡商業に「なめんじゃねぇぞ」と中指を立てました。(←あくまで想像です)

しかし高岡商業だって、富山県代表としての意地がある。富山県代表が3回戦まで行くのはまだまだ珍しい。高商だってノリに乗っているわけです。

4回表、高商が1点を返します。

しかし、強豪・履正社。4回裏に2点、6回と7回にもそれぞれ2点をとり、「もう今日これ、もらったわ」ムードが漂いました。

8回裏が終わった時点で2-9。きっと履正社、浮足立って、呆けたんでしょう。

高商が2点をとります。しかし、そこまで。高岡商業、よく頑張った!やっぱ大阪代表は強いよ。だけど、富山県の公立高校だってここまでできるんだというのを見せてくれた。今後の富山県の野球には期待できると確信できる夏だったよ。

さて、きょうはさっきまで星陵が4回戦で宮城県代表の仙台育英と試合をしていました。仙台育英も強豪です。

←wikipediaより、私立星陵高校。横浜とか東京の港区あたりにこういうマンションありそう。

試合結果がこちら↓

17-1。

いや、目を疑いましたね。4回戦ですよ。仙台育英ですよ。強豪ですよ。それ相手に17点もとったのか!

とりあえず今年の星陵は強いわけです。昨日だって、石川県代表がいままで一回も勝ったことがない和歌山県代表(ちなみにかの有名な智弁和歌山)を4-1で撃破。星陵は高商以上にノリに乗っているわけですが、履正社みたいに気が緩んだりはしません。それは今日の試合(あくまでスコア表)を見ればわかる。

まず星陵は2回に5点、3回に3点をとります。4回に1点取られるものの、7回に1点、8回に4点、9回に4点と最後の最後まで容赦しないこの姿勢。いいじゃないか!星陵!優勝だ!

もう4,5年くらい前になると思いますが、高校サッカーで富山第一が優勝し、その翌年に星陵が優勝した時には2年連続で涙が出ましたね。この時ばかりはちゃんとテレビで試合中継を見ましたよ。

富山と石川がサッカーで優勝できるなんて、人類が火星に移住するよりも先の話しだと思っていました。

 

星陵!つぎは高商を破った履正社か、東東京代表の関東一高だ!最後まで気を緩めず、点をバカバカ取っていってくれ!決勝戦は必ず見るぞ!


著者
きむら

きむら

北陸地方出身。東京23区で夫婦仲良く暮らす32歳。趣味は鉄道、歴史、登山。いつか行きたいのはアイスランド。オーロラを生で見てみたい。血液型B型。中肉中背。めがね。黒髪。

コメントを残す