きょうも暑いですね。

そんな中、JRのみどりの窓口で買ってきましたよ、「青春18きっぷ」。買うのはかなり久しぶりです。

以前、買ったのはたしか大学生のときだったので、12年以上前。あのときは北陸新幹線なんて未来の話しだったので、上野駅から高崎線と上越線で長岡へ出て、その後信越本線と北陸本線を乗り継いで富山に行きました。帰りは北陸本線、大糸線で松本や甲府を経由する中央東線ルートを使った記憶があります。

←wikipediaより。いまは新しい車両が活躍しているが、いまだに北陸本線の普通列車と言えばこのイメージ。ちなみになんか車両の形が変ですが、これは寝台特急を改造したから。だから車両の中も妙な出っ張り(ベットの残骸だと思う)があったりします。

いまや富山県内の北陸本線は第3セクターのあいの風とやま鉄道になったので、青春18きっぷは使えません。ていうか、新潟県西部の直江津から金沢までがもはやJRではありません。もし、青春18きっぷだけで東京から富山を目指すなら、東海道本線で岐阜まで出て、そこから高山本線を北上するルートしかありません。つくづく時代を感じます。

 

さて、今回の第一の目的は墓参りなので、線香も必要です。100円ショップで買ってもいいとは思いますが、ちゃんとお寺で買ってきました。

金額は100円。同じ100円でもありがたみが違う気がします。寺の社務所でこれを買ったとき、「火はあちらにありますので。」と案内されましたが、「あ、あ、えー、あ、どーもー。」と曖昧な返事をして帰ってきてしまいました。

悪いことはしていませんが、「そうか、普通はそうだよね(ーー;)」となんか後ろめたくなってしまいました・・・。

なにはともあれ、必要なものは買いました。あとはリュックに詰めるだけです。

 


著者
きむら

きむら

北陸地方出身。東京23区で夫婦仲良く暮らす32歳。趣味は鉄道、歴史、登山。いつか行きたいのはアイスランド。オーロラを生で見てみたい。血液型B型。中肉中背。めがね。黒髪。

コメントを残す